連載

連載企画

脇役なんて呼ばせない! 第5回
ケープハイラックス(ズーラシア)

2015年11月4日

C-001-05_00
名称
ケープハイラックス
生息地
アフリカ中部、南部
サイズ
体長約40~50cm、体重約2.5~5kg
エサ
野生下:草、果実、花など
ズーラシア:サツマイモ、ニンジン、小松菜、リンゴ、木の葉など
保全状況
IUCNレッドリスト LC(軽度懸念)




C-001-05_05
コレが噂の足の裏。見た目は普通だけれど……
身体の造りは原始的で、見た目にはずんぐりむっくりのケープハイラックスだが、その身体能力はなかなかどうして目を見張るものがある。
“ イワダヌキ ” の別名の通り、岩場に暮らす彼らは、不安定な足場でも素早く動くことができる。垂直に近い壁だってスイスイと登って行くのだ。
その秘密は、足の裏。全体がクッション状になっていて凹凸がある足の裏からは、汗のような分泌液を出すことができ、それが滑り止めの役割を果たすというからたいしたもの。

ズーラシアの展示場でも「どうやって登ったの?」と聞きたくなるような位置にチマっと座っていることがよくある。そして、ドヤ顔(に見える表情)でこちらに視線を送る。
なもんだから、展示場の下の方ばかりを見て「いない」と判断して、ドヤ顔を見逃してしまうお客さんも続出。見つからないときは、上の方にも気を配ってあげて。

C-001-05_06
ケープハイラックスの謎に迫ってみては!?
ほかにも、原始的故に体温調節が苦手だったり、穴の中で暮らすのに便利な感覚毛が体中に生えていたりと、不思議満載のケープハイラックス。
可愛らしい見た目とはウラハラに、知れば知るほど謎が深まる仕様。でも、それが癖になる面白さ。
足の裏や鋭い切歯、感覚毛などはズーラシアでも観察できるので、注目してみよう。じっくり見てると急に走り出して、忍者のように壁を登るシーンも見せてくれるかも。
周囲にはライオンやチーターといった人気者が暮らしていてちょっと苦戦しがちだが、「ネズミじゃないよ、ハイラックスだよ」とニヤリ笑う顔を見たら、もう脇役などとは呼んではいられない。

(取材協力:よこはま動物園ズーラシア 飼育展示係 宮本知佳さん)



1 2