特集1

特集1

こんなに近い! 金沢動物園の新カンガルー展示場

2016年4月20日


カンガルーが暮らしている中を歩いて通る!
 リニューアル工事の続いていた、金沢動物園のオセアニア区が完成し、4月22日から一般公開されることとなった。
 目玉は展示場内を歩いて通ることのできるオオカンガルーの展示場。以前の展示場の2倍ほどの700平方メートルの広さとなり、柵などの遮るものがない環境でカンガルーを間近に観察することができる。

 22日のリニューアルオープンの前に、一足早く新展示場の様子をレポートしよう。


とにかく近い!

 工事中はコアラのみの展示となっていた金沢動物園のオセアニア区。リニューアルが完了し、いよいよ新しいオオカンガルー展示場などが公開となる。
 新展示場は、東京や神奈川では初となるウォークスルー形式で、展示場内を歩いて通り抜けることが可能となった。

目が合うほどカンガルーに接近できる(上)
 リニューアル前にはヒクイドリ(昨年10月、東武動物公園へお引っ越し)などが暮らしていた部分までオオカンガルーの展示場に生まれ変わり、約2倍となった広々としたスペースにオオカンガルーたちがのんびりと過ごしている。

 中央に園路となる小道が通り、その両側に広がる芝生の部分がカンガルーたちの場所。
 両者を仕切るのは足首くらいの高さのロープだけで、動物が出てこないようにするというよりは、来園者に「ココからは入らないでね」と示すためのものといった感じ。カンガルーはお構いなしにロープを超えてくるので、園路を横切ることもある。

 イメージとしては、ズーラシアのフライングバードケージや井の頭自然文化園のリスの小径、多摩動物公園の昆虫生態園のようなもの。ただし、こちらはそれらよりもずっと大きな動物の中に入って行くことになる。


 危なくないのか、というのが気になるところではあるが、しばらくは飼育員が監視に立ち、万が一に備えることになっている。
 園の担当者は、「動物を近くで見たい、というご要望は常にありました。すでに他園でもこういった展示はあり、カンガルーは安全にウォークスルー展示がができる動物です」と話す。
 基本的には、こちらからカンガルーにちょっかいをかけたりしない限りは、危険にさらされることはないそうだ。


耳も鼻も使って” 発見 “を!

オカピ裏からの近道階段も設置
 この新展示場、魅力はなんといっても動物との近さ。
 手を伸ばせば触れることができるほどの距離で見られるのはもちろんのこと、草を食む音や水を飲むときに立てる音、時おり発する鳴き声などを聞くこともできる。もしかしたら、カンガルーのにおいを感じられる場面もあるかもしれない。
 従来の展示では「見る」ことがほとんどを占めていたが、この展示場では目以外の感覚も使って、体中でカンガルーを感じることができそうだ。

 また、カンガルー自体は子どもでも知っているような動物だけれど、じゃあ、子どもが入っていないときのお腹のポケットってどうなってる?、手(前肢)ってどんな格好してたっけ?、カンガルーのうんちってどんな形?と聞かれると、なかなか答えられないのでは。
 近くで見られるということは、これまで気付くことのできなかった “ 発見 ” ができるチャンスでもある。

 さて、カンガルーと言えば、お母さんのポケットから顔をちょこんと出す子どもの姿が思い浮かぶ。こんな可愛らしい姿も間近で見ることができるかも。
 カンガルーは決まった時期に繁殖するのではなく、通年で子どもを産む。担当の飼育員さんも「いつ来ても、ポケットに入っている子がいることは多いと思います」と笑っていたので、赤ちゃんに会えるチャンスは常にあるようだ。
 ちなみに、赤ちゃんは生後半年ほどで顔を出すようになり、その後1月半から2カ月で外に出て自分で移動するようになるそうだ。



 担当飼育員さんは、「カンガルーはオスメス関係なくポケットがあると思っている人も多いですし、“ カンガルーのボクシング ” はパンチを繰り出すと思っている人もいます」と話し、「みなさんが知っている動物ですが、勘違いされていることもあるので近くでじっくり見てほしいです」と続けた。


ルールを守って安全に

「会いに来てねー」
 金沢動物園の原久美子園長は、「間近で動物を見る臨場感を体験してほしい」と話す。その一方で、「ふれ合いコーナーとは違うので、カンガルーの家にお邪魔した気持ちで優しく見守ってあげてください」と、ルールはしっかり守らなくてはいけない点も強調した。

 せっかく間近で動物を見られる場所だが、ルールやマナーの無視は事故の元になってしまう。入口に書かれたルールや、一般常識的なマナーを守り、安全にカンガルーを観察しよう。

 また、同園では22日11時半からのリニューアルオープンを記念した式典を行うほか、園内各所にクイズの書かれた看板が設置される「オーストラリアクイズラリー」や、コアラ展示場内で行われる「オーストラリア写真展」などのイベントも開催される。今年のゴールデンウィークは、金沢動物園でオーストラリア三昧もいいかもしれない。