特集1

特集1

ズーラシアの「ツヨシ」、いよいよ公開!!!

2016年3月18日


A-012_01
ザバーっと登場! ホッキョクグマ「ツヨシ」!
3月1日に荒れ模様の北海道からの長旅を経て、ズーラシアへの仲間入りを果たしたホッキョクグマ「ツヨシ」。
これまでは新しい環境に慣れるため、お客さんの目に触れないところで生活してきたが、いよいよ19日(土)から一般公開が始まる。

それに先がけて報道陣に公開されたツヨシの様子とともに、一般公開後の見どころをご紹介していこう。


いよいよ登場!

担当飼育員の伊藤咲良さんによると、ツヨシは体調にも問題はなく元気そのもの。展示場にもスムーズに出てくれるそうで、公開に向けて順調に新しい環境に慣れてきているそうだ。
ツヨシが展示場に姿を表すのはこの日が2回目とのことだったが、物怖じした様子もなくプールに飛び込んでエサを拾ったり、おもちゃを使って遊んだりと活発な姿を見せてくれた。

A-012_02
A-012_03
大好きなプールに入って、おもちゃで遊ぶツヨシ
当初はオスと間違われたため「ツヨシ」と男らしい名前をつけられたが、れっきとしたメス。今くらいの時期はメスが活動的になるそうで、お客さんの前に登場するには持って来いの時期だという。

ズーラシアで飼育されているもう1頭のホッキョクグマ「ジャンブイ」は、鼻の辺りにあるキズがトレードマークになっているが、ツヨシは毛足が長めでフカフカしているというのが外見の特徴。
ただ、これは横浜よりも寒い北海道で暮らしていたことによるものと考えられるそうだから、いずれはジャンブイと同じくらいの毛の長さになるかもしれない。
ひとまず、キズがあればジャンブイ、なければツヨシと見分けるのがいいだろう。

公開初日の19日は朝10時半にフルーツ入りの氷が、14時にはおもちゃがプレゼントされる予定。この辺りの時間を狙うと、より活発に動くツヨシを見られるかもしれない。



1 2